株式会社 Spiral

ロゴに込められた想い

vanishing shape

 

Spiralは、人と人、技術と技術をつなぎ、世にない価値を創造するエンジニアリングカンパニーです。
4つのスパイラル(らせん)は、Spiralが取り組んでいるドローンを表象しています。
さらにSpiralに関わる人、その人達が持つ経験や技術を意味します。これらが交わることによって1つのスパイラルでは見えなかったモノが現れるのです。(Vanishing Line)

ビジョン

人間とロボットが相利共生する社会を宇宙規模で実現する

現在世界では、急激な人口・社会構造変化とともに個別最適化されたサービスを求める声が広がっています。そのような環境の中、AI(人工知能)技術、情報処理技術、小型化技術等の、ロボットに必要な要素技術の技術革新が進んでおり、自ら学習を行い人間に対してサービス提供を行うロボットの実用 化が可能となりつつあり、上記課題の解決手段として、ロボットの活用に注目が集まっています。また情報通信ネットワークの整備により、複数のロボットが連動し個人に対して、24時間最適化された形でサービス提供を行うことが可能となっています。私たちは、このような社会・技術変化の中、ロボティクス技術は人間の代用をすることは無く、あくまで自身の幸せ(個別欲求)を自動化・最適化した形でサポートし、人間とロボティクスが依存しあう未来が来ると考えております。

ミッション

「屋内」の自律飛行ドローン導入を検討している「現場技術者」の救世主となる。

出展

代表・メンバー

代表取締役CEO

石川 知寛

兵庫県立大学大学院工学研究科卒業。
大学在学中の2007年に飛行ロボットベンチャー創業に参画。VTOL(現在のDrone)開発のシステム設計及び開発責任者、仏)大学や機関との超小型衛星、小型ロケットなどの開発責任者及びPMを複数経験。
医療機器メーカーにて、医療機器開発を経て、光学検査装置と産業用ロボットを組み合わせた光学自動検査システムのシステムリーダーとしてプロジェクトを牽引。生産技術職にて現場改善に取り組み、現場目線の開発の必要性を実感。
大手商社が立ち上げたロボットベンチャーにて、中小企業向け産業用ロボット導入支援及びPMに従事。新規事業立ち上げや経産省補助金採択実績など多数。
非GPS環境下(屋内)に特化した小無人機(Drone)の普及を目指し、2016年10月Spiral Inc.を共同創業し、代表取締役に就任。

LinkedIn

外部執行役員CTO

松下裕介

筑波大学大学院 数理物質科学研究科卒(日本学術振興会特別研究員)。しあわせもの工房代表
株式会社リコーを経て、外部執行役員CTOに就任。
リコーでは新規事業の立ち上げを経験し、屋内測位技術の研究開発から商品化・事業化までのステージを一気通貫で遂行。地下鉄インフラで活用する測位システム開発といった異色の経験も有する。
しあわせもの工房では、特に、超小型ドローンの機体・基板・ソフト開発を一手に手掛けた実績を有する。

CIPO 戸原健太 LinkedIn
Technology Partner 竹内秀行 LinkedIn
Market Researcher(Intern) 佐藤翔理 LinkedIn
Global Business Development(Intern) 門矢雛乃 LinkedIn
Advisor 板倉稔
Advisor 石川実
Mentor John Linney LinkedIn

会社概要

会社名 株式会社 Spiral
設立日 2016年10月27日
代表取締役 石川 知寛
所在地 〒101-0022
東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフト 秋葉原ビル12階 DMM.make AKIBA内

Get in Touch

お客様の実際の現場での課題に応じたソリューションを提供します。
お気軽にお問い合わせください。